社員インタビュー

チームワークが正確性と信頼を高める受注業務

管理部 受注課

藤波 康貴

1991年入社。管理部受注課長。趣味は、ライブ鑑賞、カラオケ、旅行。好きなロックバンドのライブには何度も通い、地方公演を観に行くことも。仕事のうえでの現在の目標は、PCのスキルをもっと上げること。

受注業務は、贈る人の気持ちで


お客様からの注文を受けて手配するのが管理部受注課で、私は課長を任されています。注文は電話、FAX、WEBで受け付け、基本的には注文を受けた当日中に発注。お中元やクリスマス、お歳暮、または結婚式の引き出物などのときは、かなり忙しくなります。
この業務で重要なのは、なにより正確さといえるでしょう。お客様が大切な方へ贈るものですから、オーダーどおりの品物が、オーダーどおりの日時に届かなければいけません。きちんと届くのがあたり前ですので、失敗は許されないというプレッシャーが伴う仕事です。
慎重に注文を受け、間違いのないように伝票を作成。伝票の向こうには贈る人の心遣い、贈られる人の喜びがあることをつねに意識して業務を遂行しています。

先輩の親身な指導で着実に成長


私は課長になって約3年経ちますが、課のトップとしてさまざまな責任があり、そのひとつがスタッフの教育。現在私の課のスタッフは7名おり、全員女性ですが、新入社員も異動してきた社員も先輩の親身な指導により着実に成長し、いまでは全員が欠かせない存在に。部下の成長を実感することは、上司として大変うれしいことです。
また、他部署と連携して行う業務もあり、そこで必要となるのはコミュニケーション能力。おたがいの部署がミスもムダもなく仕事を行うためにコミュニケーションは欠かせませんが、当社は社内全体がとても友好的な雰囲気に包まれています。連携業務には万全の協力体制であたりますのでコミュニケーションは良好で、進行はことのほかスムーズです。

チームワークの良さは伝統的社風


前述したとおり、現在私の部下7名は全員女性です。課長になった当初は多少とまどいましたが、それは杞憂に過ぎませんでした。部下たちはみんな仕事に前向きで言いたいことを言いますが、それはとても良いことだと思っています。少ない人数がゆえに団結力が強く、私が忙しいときには積極的にサポートしてくれます。もちろん、私に対してだけでなく、課員同士チームワーク良く仕事をこなしています。
この雰囲気は当社全体に浸透している、いわば社風ですね。働きやすさ、居心地の良さ、人の優しさ。これが、私自身26年勤続している理由だと思いますし、創業270年を誇る社歴の中で先人たちがつくりあげてきたものでしょう。
いま当社は若い力を求めています。私たちと一緒に楽しく働きませんか。

他の社員インタビュー