社員インタビュー

こまかなコミュニケーションが信頼関係を築く鍵

営業2部 名古屋営業所 主任

瀬口 貴大

趣味はアクセサリー作り。ショップやネットで必要なパーツを揃え、黙々と家で作業。手先の器用さはDIY家具にも活かされ、ダイニングテーブルを自前で作ったこともある。

挑戦を続ける社風に惹かれて入社


前職はドラックストアで働いていましたが、休みが少ないこととキャリアアップのイメージが出来なかったことを理由に転職を検討するようになりました。上野風月堂への入社の決め手は、安定性と成長姿勢。長い歴史の中で新しいことにチャレンジし続けている社風が魅力的で、前職とは畑違いの営業として自分も一から挑戦してみようと思いました。
入社後は既存顧客である百貨店や量販店を中心に担当しています。売場の人とのこまめなコミュニケーションを大切にすることで、信頼関係を築いてきました。例えば、発注をいただいたものは配送でご納品するのが一般的ですが、時には自分の足で直接持ってお邪魔するようにしています。商品だけでなく人としての魅力も売り上げに直結するのが営業。難しさを感じる分、やりがいを感じている部分でもあります。

売り方や商談は現場に任せてもらえる


上野風月堂は現場の声を尊重してくれる会社だと思います。営業でも商品開発の会議に参加をし、パッケージデザインや価格設定に関しての意見を言うことができます。また、新商品の売り出しかたや商談は基本的に任せてもらえるので、お客様それぞれのご要望に沿った形で営業ができる。新商品を積極的に取り入れたいお店もあれば、これまでと同じラインナップを望むお店もあるため、現場に一任してもらえるのは非常に営業がやりやすいです。
職種の垣根を越えて全員が協力できる点も、会社の魅力の1つだと思いますね。年末のような忙しい時期になると、営業も製造もパートも関係なく皆で手を動かしています。私も福袋やポップをつくっています。結局、社内外問わず一番求められているのはコミュニケーションです。誰が困っていて自分には何ができるのか。この会社ではそういった意思伝達が求められます。

業界の動向を把握しマネジメントにも挑戦していく


将来は自分の担当エリアだけでなく、名古屋営業所としての売上を管理する立場にステップアップしていきたいです。そのためには、今よりももう一段階広い視野が必要だと思っています。これまでは販売店で実際に売ってくれる方々の声を重視してきましたが、さらに+αで世間の流れや業界の動向を把握していけるようにならなければいけません。人を動かしたり全体管理を任せられる人って、そういった視野の広さを持っていると思います。
また、現場で培った経験は新商品の開発に繋がってくる部分もあると思うので、会社のためになることは今後も積極的にチャレンジしていきたいです。

他の社員インタビュー